有限会社ヤカベは福岡県久留米市で住宅設備機器の販売や卸、タイル・石材・建築資材の販売・小売りを行っている会社です。 また、住宅改修や改築、住宅設備機器の設置・取り替え等水廻り(水まわり)に関する工事、タイルの貼り替えや壁の塗り替え工事、エクステリア・内装工事等、様々な工事も同時に行っております。主に福岡県筑後地区全域・佐賀市内及びにそれらに隣接する区域で営業しています。

最新のお知らせ
有限会社ヤカベは福岡県久留米市の会社です。
主にトイレ・キッチン・バス等の住宅設備機器の販売や卸、タイル・石材・建築資材の販売・小売りを行ってます。

最新のお知らせ

白華 によるタイル汚れ 

白華 によるタイル汚れ 

2014/05/06公開    2014/06/08更新

白華 (エフロ)現象によって発生するタイル汚れとその対処法を以前掲載したしましたが、次のようなご質問がありましたので、今回はそれについてご説明します。

 相談者は数ヶ月前に新居が完成し、そこに住み始められたとの事でした。しかし引越した当初から玄関ポーチのタイルが全体的に白く汚れており、建築会社の ほうに問い合わせをしたところ、掃除をこまめにすれば汚れは落ちるといわれ、毎日のように水洗いを行っているそうです。しかし、一向に汚れの落ちる様子が ないので白華現象かと思い当社に問い合わせをされたそうです。

 お話を訊く限りでは推測ですが、白華現象ではなくタイル目地材による焼付現象ではないかと思われます。

 そもそも、白華現象は新築後早々と発生するものではありませんし、徐々にエフロが目地から流れ出てくるものなので汚れは部分的なものです。
タイル表面や目地に白い雨だれのようなものが付着するのが白華現象の特徴です。今回の事例のように、ポーチのタイル部分全体が白く汚れている場合、目地材によるものが第一の原因として考えられます。

この現象は、夏場にタイルの施工を行った場合によく見られるものです。通常タイル工事は ①タイル貼り→②目地つめ という工程を辿ります。
目地つめとは、タイル全体に目地材を塗付けた後にぬれたスポンジ等で表面を拭きあげていく作業です。

 この拭きあげが上手くいかない場合、目地材がタイル表面に付着したままとなり焼きついて
しまいます。特に、夏場などの暑い時期には目地材の乾きが早いので、拭きあげるタイミングがずれてしまうという事があります。

 そうなると、タイル表面の目地材が完全に拭きあげられずに残ってしまいます。このタイル表面に残った目地材が焼き付けられて白く変色し落ちなくなってし まいます。また、拭きあげ作業が不十分な場合は夏場以外でもこの現象は起きてしまいます。この焼付現象によるタイルの汚れは薬剤を使用しても落ちるもので はありません。

今回の場合、新築数ヶ月ということなのでまだ保証期間内にあるはずです。建築会社に再度対応を求められてほうが得策ではないでしょうか。

 
2019年 10月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
2019年 11月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休業日

定休日