有限会社ヤカベは福岡県久留米市で主にトイレ・キッチン・バス等の住宅設備機器の販売や卸、タイル・石材・建築資材の販売・小売りを行っている会社です。

また、住宅改修や改築、住宅設備機器の設置・取り替え等水廻り(水まわり)に関する工事、タイルの貼り替えや壁の塗り替え工事、エクステリア・内装工事等、様々な工事も同時に行っております。主に福岡県筑後地区全域・佐賀市内及びにそれらに隣接する区域で営業しています。



HOME > 覚書 > 木材と目地材
木材と目地材

木材に目地材はくっつくか?という事なのですが、木材に目地材はくっつきません。

分かりやすい例を挙げて少し詳しく述べます。

例えば、木製のトレーにタイルを貼るものとします。縁は木のまま、物を載せる板の部分にタイルを貼る、という風にです。

タイルをボンドで貼った後、目地材を詰めるという作業になるのですが、この場合、縁部分が問題となります。木製の縁部分とタイルの間に目地材を詰めた場合、施工後、暫くの間は問題が起きないのですが、将来的にはその部分の目地に亀裂が入ったり、その部分の目地材がボロボロと剥がれ落ちる事があります。

では、どうしたら良いのかという事ですが、タイルと木材の隙間はシリコンコーキングで埋めるのが一般的です。上記の例で言いますと、タイルと縁の間にコーキング材を詰めることになります。

作業の手順としてはタイルを貼った後、乾燥後にマスキングをして、縁周りにコーキング材を詰める事になります。更にコーキング材が乾いた後に目地詰めを行います。

因みにタイルを貼った部分に関してですが、これについては通常は問題ありません。ボンドで板の表面がコーティングされているような形になり、ボンドに目地材が接着するからです。

 



▲TOP



Top