有限会社ヤカベは福岡県久留米市で主にトイレ・キッチン・バス等の住宅設備機器の販売や卸、タイル・石材・建築資材の販売・小売りを行っている会社です。

また、住宅改修や改築、住宅設備機器の設置・取り替え等水廻り(水まわり)に関する工事、タイルの貼り替えや壁の塗り替え工事、エクステリア・内装工事等、様々な工事も同時に行っております。主に福岡県筑後地区全域・佐賀市内及びにそれらに隣接する区域で営業しています。



HOME > 覚書 > 木製ボックス(本体黒・15角モザイクタイル)
木製ボックス(本体黒・15角モザイクタイル)

青・白と爽やかな色が続いたので、逆の色で製作してみました。デザイン的にはかなり微妙な仕上がりです。

黒箱1

 

以下材料です。

・底板部分

ファルカタ材(6ミリ厚) 150ミリ×150ミリ 1枚

・側板部分

ファルカタ板(6ミリ厚) 15ミリ×100ミリ 20枚

ファルカタ板(6ミリ厚)  15ミリ×15ミリ 4枚

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 8ミリ×150ミリ

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 8ミリ×24ミリ

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 19ミリ×150ミリ

木材の画像。一部だけですが大体こんな感じです。

黒箱パーツ

こちらは、15ミリ×15ミリの板。これは支えに使います。

黒箱パーツ3

・タイル

15ミリ角のタイル9粒×4列。

今回も長江陶業さんのアンドヴェールを使用しました。

アンドヴェール表

下記の様にネットから切断しておきます。

黒箱タイル

・必要な副資材

19ミリの釘 適量

木工用ボンド 適量

タイル貼り用のボンド(目地兼用)

アクリルガッシュ 黒色

水性ニス(クリア色ツヤなし)

今回はワシンの水性ニスを使用。

 

作成手順です。

 

1.まずベニヤ板を用いてこんなパーツを作ります。木工用ボンドで接着して簡単に出来ます。これを4つ。

黒箱タイル面

2.1のパーツの裏にファルカタ材(15ミリ×100ミリ)を5枚、以下の画像の様に間隔を空けて木工用ボンドで接着します。

黒箱タイル面2

3.2のパーツを木工用ボンドで底板のファルカタ材に接着します。強度に不安がある場合は釘で打ち付けて下さい。

黒箱組み立て

4.四隅が弱いので15ミリ×15ミリのファルカタ材で補強します。仕上がりは下の画像のようになります

黒箱組み立て2

裏はこんな感じ。

黒箱組み立て3

5.着色とニス塗り。着色には黒色のアクリルガッシュを使用しました。水は通常通り(塗料の伸びを良くする程度)の量です。乾燥後、ニスを塗って表面を保護。

ニスは二度塗りしました。

黒箱着色

上から

黒箱着色2

裏から

黒箱着色3

 

6.タイルを貼って完成。接着材兼目地材のタイルボンドで貼っています。使用ボンドはLIXILのエコカラット用ボンド、「スーパーエコぬーる」です。

※本来スーパーエコぬーるは、ガラスタイルで使用不可です。

とりあえず手元にあるボンドを消費する、ということで使用しました。

黒箱1

他の画像はこちら

雑 感

白いボックスを作ったので、今度は黒いボックスという理由が主な製作動機です。タイルと色の組み合わせを見る目的もありました。

仕上がりイメージは華奢だったのですが、出来上がりは豪奢・・・何をどう間違ったのかはわかりません。



▲TOP



Top