有限会社ヤカベは福岡県久留米市で主にトイレ・キッチン・バス等の住宅設備機器の販売や卸、タイル・石材・建築資材の販売・小売りを行っている会社です。

また、住宅改修や改築、住宅設備機器の設置・取り替え等水廻り(水まわり)に関する工事、タイルの貼り替えや壁の塗り替え工事、エクステリア・内装工事等、様々な工事も同時に行っております。主に福岡県筑後地区全域・佐賀市内及びにそれらに隣接する区域で営業しています。



HOME > 覚書 > 木製ボックス(本体茶色・ 花形タイル )
木製ボックス(本体茶色・ 花形タイル )

用途イメージは調味料を入れるボックスです。

 茶箱1完成

まずは材料。

・底板部分

ファルカタ材(6ミリ) 220ミリ×150ミリ 1枚

・側板部分

ファルカタ材(6ミリ) 15ミリ×140ミリ 2枚

ファルカタ材(6ミリ) 30ミリ×140ミリ  2枚

ファルカタ材(6ミリ) 10ミリ×60ミリ  4枚

 

・タイル面

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 230ミリ×8ミリ  12枚

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 25ミリ×8ミリ  12枚

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 230ミリ×20ミリ  6枚

・タイル

13角タイル 15粒×6 

長江陶業さんの「華簾(かれん)」、品番はKAR-03を使用。花形モチーフの可愛いタイルです。

こんな風に切り離しておいたものを6つ用意します。若干画像がボケ気味です。

茶箱1タイル

 

・その他の材料、副資材

釘(19ミリ) 適量

木工用ボンド 適量

タイル貼り用のボンド(目地兼用) 適量

アクリルガッシュ 黒色

水性ニス(クリア色ツヤなし)

 

作り方です。

1.まずは側板から作成。下記の様に木工用ボンドで接着。パーツの木材がまっすぐ切れていませんが、そこは真っ直ぐなものと見做してください。

茶箱1パーツ1

 

2.これを底板に木工用ボンドで接着。木工用ボンドが乾燥したら、釘で補強します。釘で打つのは底板と、側板30ミリ×140ミリの板です。

茶箱1組み立て1

 

3.次にタイル面の作成。これを

茶箱1組み立て3

こんな風に組み立てます。接着材は木工用ボンドです。

茶箱1組み立て2

全部で6個必要です。

茶箱1組み立て4

 

4.3で作成したパーツを2に合体。木工用ボンドで接着後釘で補強します。尚、このとき合体させるのは、上下のパーツのみで真ん中のパーツは接着しません。

茶箱1組み立て5

別アングルの画像。

茶箱1組み立て6

 

5.ペーパーをかけた後、色塗りとニス塗りをします。塗料はアクリルガッシュです。今回は、塗料が伸びる程度にしか水を入れていません。アクリルガッシュが乾燥したらニス塗り。使用ニスはアサヒペンの木工用のつやけしクリアニスです。二度塗りしました。

茶箱1塗装1

上から

茶箱1塗装2

裏側

茶箱1塗装3

中はこんな感じです。

茶箱1中

 

6.ニスが乾いたら真ん中のパーツを合体します。真っ直ぐなっていない様に見えますが、これは実物もそうなっています。が、商品として販売するわけでもないので、細かい事は気にしません。

茶箱1合体

 

7.タイル貼って完成です。ピンホールがありますが気にしません。本来ならば、目地の仕上げは目地材を使用するべきですが、量が少ないのでボンドで仕上げています。

茶箱1完成

その他の画像はこちらのページ

雑 感

比較的、製作が楽なデザインの製作物です。 花形タイル をチロリアンテープの様に装飾したかったので上記のようなデザインになりました。ありがちといえばありがちなデザインです。

タイルを貼った板を3枚、サイドに上中下とそれぞれ貼っていますが、何だか重々しいというか・・・上下だけでも良かったかなとも思います。



▲TOP



Top