有限会社ヤカベは福岡県久留米市で主にトイレ・キッチン・バス等の住宅設備機器の販売や卸、タイル・石材・建築資材の販売・小売りを行っている会社です。

また、住宅改修や改築、住宅設備機器の設置・取り替え等水廻り(水まわり)に関する工事、タイルの貼り替えや壁の塗り替え工事、エクステリア・内装工事等、様々な工事も同時に行っております。主に福岡県筑後地区全域・佐賀市内及びにそれらに隣接する区域で営業しています。



HOME > 覚書 > 木製ボックス(本体赤茶色・丸型タイル)
木製ボックス(本体赤茶色・丸型タイル)

製作にあたり、ファルカタ材が足らなかった為、ほぼベニヤ板仕様となっています。底板部分はファルカタ材で問題ありません。

 

赤茶箱1完成

使用した材料

・底板部分

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 120ミリ×160ミリ 3枚

・側板部分

ファルカタ材(6ミリ厚) 120ミリ×15ミリ 2枚

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 120ミリ×50ミリ  2枚

・タイル面

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 160ミリ×50ミリ  2枚

ベニヤ板(2.5ミリ厚) 10ミリ×32ミリ  8枚

ベニヤ板(2.5ミリ厚)  10ミリ×100ミリ  8枚

ベニヤ板(2.5ミリ厚)  100ミリ×27ミリ   4枚

材料はこんな感じです。画像ではタイルを貼る部分がすでに出来上がっていますが。

赤茶箱2

・タイル

タイルは名古屋モザイク工業さんのフォーリア。品番は「FRO19-207B」(レトロカラーのピンク色)

メーカーさんサイト

http://112.137.56.101/front/detail/917570

シートから5粒単位で、4つ切り離しておきます。切り離した時の画像は諸事情によりありません。

シート自体はこんな感じです。

フォーリア表

 

その他材料

10ミリの釘 適量

木工用ボンド 適量

タイル貼り用のボンド(目地兼用)

アクリルガッシュ 

水性ニス(クリア色ツヤなし)

 

では、作り方です。

1.底板部分の3枚の板を木工用ボンドを用いて貼り合わせます。

2.側板部分のベニヤ板(120ミリ×50ミリ)とタイル面のベニヤ板(160ミリ×50ミリ)を1に、木工用ボンドで貼り合わせます。

こんな感じです。

赤茶箱組み立て1

3.タイルを貼る部分を作成した後、画像の様に合体させて下さい。釘は10ミリのものを使用。特に問題なく打ち付ける事が出来ました。

赤茶箱組み立て3

上からのアングル

赤茶箱組み立て2

 

4.ファルカタ材(120ミリ×15ミリ)を画像の様に木工用ボンドで接着してください。ここは取っ手部分になるので、ベニヤ板とファルカタ板を釘で補強してください。塗装前の画像を撮影し忘れたので、塗装後の画像です。

赤茶箱組み立て4

5.ペーパーをかけた後、着色とニス塗り。塗料はアクリルガッシュを混色してできた茶色です。混色に関してはかなり適当です。水多めで何度も重ね塗りをした後、ワシンの水性ニス(つやなしクリア)で仕上げました。

尚、ニス塗り時に若干の色落ちがありました。これは、塗料の水が多かった為だと思われます。

赤茶箱色塗り1

裏側

赤茶箱色塗り2

6.タイルボンドでタイルを貼って完成。本来ならば、目地の仕上げは目地材を使用するべきですが、タイルの量が少ないのとボンド消費の為、ボンドで仕上げています。

赤茶箱1完成

 他の画像はこちらよりご覧になれます。

雑 感

使用したタイルボンドが少なめだったので、貼ったタイルがレリーフっぽい感じになりました。

 因みに、デザインのイメージは「サスペンダー」です。こちらも実はデザイン先行型の製作物でした。



▲TOP



Top