有限会社ヤカベは福岡県久留米市で主にトイレ・キッチン・バス等の住宅設備機器の販売や卸、タイル・石材・建築資材の販売・小売りを行っている会社です。

また、住宅改修や改築、住宅設備機器の設置・取り替え等水廻り(水まわり)に関する工事、タイルの貼り替えや壁の塗り替え工事、エクステリア・内装工事等、様々な工事も同時に行っております。主に福岡県筑後地区全域・佐賀市内及びにそれらに隣接する区域で営業しています。



HOME > 覚書 > 2段ボックス(31×15角モザイクタイル)
2段ボックス(31×15角モザイクタイル)

2段ボックスの材料とその作成手順。紆余曲折を経て仕上がった製作物です。

で、紆余曲折の原因ですが、これは作り手である管理人に起因します。詳細は以下。

 2段完成1

材料です。

・底板部分 

ファルカタ材(6ミリ厚) 250ミリ×150ミリ 2枚

・側板部分

ファルカタ材(6ミリ厚) 200ミリ×150ミリ 2枚

2段材料1

 

・脚部分(任意。底板が反っている場合に必要)

下段脚

ファルカタ材(6ミリ厚) 250ミリ×130ミリ 2枚

上段脚

ファルカタ材(6ミリ厚) 30ミリ×150ミリ 2枚

ファルカタ材(6ミリ厚) 30ミリ×190ミリ 2枚

 

・タイル面

ファルカタ材(6ミリ厚) 250ミリ×60ミリ 4枚

角材(2ミリ角) 252ミリ 60本

角材(2ミリ角) 60ミリ 60本

これは板

2段材料2

これは角材。

2段材料3

角材は5本ずつまとめてこんな感じに接着しておきます(画像は別作品の材料)

レターボックス組み立て-3

 

・タイル

31ミリ×15ミリのタイル 28枚×4

15ミリ×15ミリのタイル 4枚×4

今回使用したのは、名古屋モザイク工業さんの「ニューヨーカーグラス」です。

ニューヨーカーグラス表

使用品番は「WZ-T2153M」。マットタイプです。因みに↑これが表面です

http://112.137.56.101/front/detail/918301

尚15ミリ角は、正規の15ミリ角タイル(品番:WZ-T0153M)を用いたわけではなく31ミリ角を電動サンダーで切断したものです。

そういうわけでサイズや形状、切り口がガタガタしています。

切断したタイル

他の形状・色バリエーションは下記のリンクからご覧になれます。

http://112.137.56.101/front/outline/918376

タイル貼り用の板に仮置きした状態。4つのパーツを重ねているのに特に意味はありません。

2段タイル

 

・その他材料

釘(19ミリ・9ミリ) 適量

ねじ(6ミリ) 2本

吊り下げ金具 2個

タイルボンド 適量

木工用ボンド 適量

木工用ニス 

ガストーチ

作り方についてですが正攻法の場合は以下の方法、苦難の道を歩みたい場合はこちらの方法です。

 

正攻法

1.一番下の底板と側板をボンドで接着後、釘を用いて補強をします。

2.上段の底板を1にボンドで接着後、釘を用いて補強します。

3.タイルを貼る面を作成します。ファルカタ板に、角棒を下記の画像の様に接着します。

2段パーツ2

4.2及び3を好みの塗料・色で塗装した後、乾燥させてください。

乾燥後、2に3のパーツを木工用ボンドで仮止めした後、釘で打ち付けます。

5.組立てが終わったらタイルボンドでタイルを貼ります。

6.何度かタイルボンドで目地を補修して、乾燥したら完成です。

 

無駄に労力を要した作り方

組立てが非常に大変な事になります。ニス塗り(というか片づけ)が面倒だったのと、2号の色良い感じだったので、こちらもガストーチ仕上げで・・・と思ったのがそもそもの誤りでした。

では作り方です。

ガストーチで炙ったファルカタ材(一部)。見事に反っています。

2段パーツ1

これはタイル面。画像では分かり辛いですが、反りがあります。

2段パーツ2

裏側はこんな感じです。

2段パーツ3

板が反っているため、木工用ボンドだけでは対応できず。釘で補強しましたがかなり微妙な感じです。

2段パーツ4

 

組み立て手順は「正攻法」と同じです。何とか組み立てられましたが、底板が反っているためカタカタ天秤を踏みます。これでは良くないので、急遽脚を接着。

下底部分

底板1

上底も反っているため、側板に接着・固定することができず・・・急遽脚をつけてこの部分を側板に釘で打ち付けつける事にしました。

底板2

表はこんな感じで釘で補強しています。

上底表

接着後に未塗装部分をアクリルガッシュで着色して、全体を保護するためニス塗りしました。その後タイル面を釘で打ちつけました。

2段組み立て

上からの画像。側板が反っているのが丸わかりです。

2段ボックス上

横から見たところ。タイル面が真っ直ぐでないことが分かります。

2段組み立て横

タイルを貼って乾燥中。本来ならば、目地の仕上げは目地材を使用するべきですが、量が少ないのでそのままボンドで仕上げています。

2段タイル貼り

拡大。目地が穴だらけなので、再度目地をタイルボンドで詰めます。

尚、タイルの貼り方はこちらを参考にしてください。

2段タイル貼りアップ

二度目の目地詰めが終わり、乾燥したら完成です。

2段完成1

反対側の面

2段完成2

その他の画像はこちら

 

雑 感

製作に当り、用途は何も考えていませんでした。ビジュアル重視・イメージ先行型の製作物です。

よくよく考えると、両面にタイルを貼る必要はなかったなと、最終段階で気が付きました

思いつきをそのまま実行するのはダメだと反省。一晩くらいデザインを寝かせるべきでした。

あと、ガストーチを用いたのは失敗でした。仕上がりの色は美しいのですが、板が反る事反る事・・・組立てに支障を来すレベルです。お陰で、急遽材料を追加したり、組み立てに時間がかかったりと大変でした。

組立ての事を考えると、ニスなどの塗料を用いた方が無難です。

タイルの雰囲気がレトロなので、製作物全体の粗が気にならないのが救いだと個人的に思っています。



▲TOP



Top